予約フォーム 見積はこちら
MENU
実際何にいくらかかる?注文住宅を建てる際に用意すべき資金を解説

 

せっかくマイホームを手に入れるなら一から自分たちで設計できる注文住宅がいいなと考えている人も多いかと思います。 

注文住宅なら間取りや設備だけでなく、費用についてもある程度購入する側で予算を組むことができるのは大きな魅力です。 

そこで本記事では、注文住宅を購入する際に必要となる資金についてまとめました。 

一体何に対してお金がかかるのか、その内訳を詳しくご紹介していきます。 

注文住宅を購入・建築する際の必要資金まとめ 

注文住宅を建てる際は、土地や建築費用など誰もが用意しなければならない資金がいくつかあります。 

何にいくらかかるのか、具体的に解説していきましょう。 

注文住宅の必要資金  

一般的に、注文住宅を新しい土地に建てる場合の必要資金は以下のように分けられます。 

土地購入費用 

家を建てる場所つまり「土地」探しから始める場合は、当然のことながら土地を購入する費用が必要となります。 

インターネットや広告などで住宅情報を調べてみても、すでに区画された土地に建てられた住宅の写真と販売価格が掲載されているのが一般的で、その内訳は分かりません。 

しかし、実は用意すべき資金の中で大きな割合を占めているのが、土地の購入費用なのです。 

もちろんエリアによって差はありますが、全国的に見ても都内は坪単価が高く、家自体を建てる費用よりも土地の購入費用の方が高額になってしまうケースが珍しくありません。 

建築費用 

家を建てる際のメインとなるのが建築費用です。 

建築費用は「本体工事費」「付帯工事費」の2つに分けられます。 

本体工事費とは、住宅となる建物自体を建てる際に必要となる費用で、注文住宅の場合は建築費用の70%ほどを占めると言われています。 

これには、工事開始前のトイレの設置や基礎工事、木材の加工、内装、電気工事などの工程が含まれています。 

付帯工事費は「別途工事費」とも呼ばれ、建物の建設以外で必要な工事を行う際に発生する費用です。 

駐車場や塀などの外構工事、庭の整備、水道やガス管の工事などが主ですが、地盤調査の時点で土地自体にトラブルがあった際は地盤の改良工事などが必要となることもあり、その場合は100~200万円ほど余計に費用がかかることを認識しておきましょう。 

一般的な相場としては、水道などの引き込み工事は50~150万円、外構工事は100~300万円、インテリア工事は50~80万円などと言われていますが、いずれも条件によって大きく異なります。 

また本体工事費に比べると、付帯工事費は当初の予定よりも高額になる傾向があるので、ある程度予算を決めてその中で調整するのがいいでしょう。 

その他諸費用 

マイホームの建設では、土地を購入して住宅を建てることに伴い各種費用が発生する、というのも押さえておきたいポイントです。 

土地の所有権を明確にするための登記費用、住宅ローンを組む際の保証料や手数料、印紙税や不動産所得税といった各種税金など、細かい費用がいくつも必要になります。 

一つずつ見ると大した金額ではないかもしれませんが、最終的にこれらを合わせると建築費用の5~7%になると言われています。 

また、これらの費用は基本的に住宅ローンに組み込むことができません。 

例えば3,500万円の家を建てたとすると、250万円ほどは現金で別に用意しておく必要があるので十分注意しましょう。 

土地付き注文住宅の必要資金 

通常、一から土地を購入して注文住宅を建てる場合は、土地の契約が済んだ後、気に入った建築会社やハウスメーカーを自分たちで選んで、そこから建物についての契約を行います。 

一方の土地付き注文住宅では、土地を販売する条件としてすでに建築会社や工事期間が決められているのが特徴です。 

そのような土地付き注文住宅を購入する際に必要な資金ですが、基本的な内訳はこれまでに紹介した注文住宅と同じです。 

しかし土地をセットで購入する、つまり「土地と建物を同じ会社から購入する」というのが大きなポイントです。 

別の会社で契約する場合、当然のことながら双方が利益分を組み込んだ金額で販売しますが、セットで契約をする場合は土地と建物の総額で利益が見込めればいいため、その分販売価格が安くなるのです。 

注文住宅を建てる時のつなぎ融資とは? 

今回の記事では注文住宅で必要になる予算について紹介しました。

注文住宅をお考えの方は土地と建築費用で大きな予算が必要になると思うので予算については事前に調べておくことをおすすめします。
また注文住宅をお考えの方はローンの基本的知識について知っておくといいでしょう。

下の記事ではローンを組む手続きと流れについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

注文住宅を建てる時のつなぎ融資とは?ローンを組む手続きと流れ

資金計画に迷ったら住宅のプロに相談してみよう 

いかがでしたでしょうか。 

この記事を読んでいただくことで、注文住宅を建てる際に最低限用意しておくべき資金についてご理解いただけたと思います。 

家を建てるエリアにこだわるのか、建物を重視するのか、などいざ注文住宅を建てるとなるとさまざまな悩みが出てくるはずです。 

そんな時は土地の購入から注文住宅の建設まで全てお任せの東京組に、ぜひ一度ご相談ください。 

一緒に考え、悩み、ご家族みなさまが満足できる提案をさせていただきます。 

一覧へ戻る