予約フォーム 見積はこちら
MENU
注文住宅とは?種類やメリット・デメリットを理解しよう
マイホームは人生で最大の買い物になることが多いものです。
夢は膨らむ一方で、後悔しないようにしたい不安も大きくなるでしょう。
マイホームを建てて満足するためにも、注文住宅について詳しく知っておくべきです。

この記事では、注文住宅を建てたいと考えている家庭のために、注文住宅について解説していきます。
この記事を読めば、ご自身が注文住宅で家を建てるべきか知れるように情報をまとめました。
最初に、そもそも注文住宅とはどんな住宅かについて解説していきます。

注文住宅とは


注文住宅とは、所有している土地に所有者の思うように設計して建てる家のことです。
注文住宅を建てたいのなら、まずは土地を所有することが先決です。
注文住宅のイメージは土地を選び、家を設計していくことでしょう。
このイメージならご自身の希望をすべて設計する家に盛り込めます。
まっさらな土地から家を建てていけるので、注文住宅が完成した時には喜びも大きなものとなるでしょう。
また、もしマイホームに欲しいものがあるご家族の場合には、注文住宅はうってつけです。
家族で話し合っている外せない部屋や、仕組みや家具を確実に設計に組み込めます。

ただし、注意点もあります。
注文住宅はなんでもかんでも自由に設計できる住宅かと言うと、そうではありません。
不動産会社と契約を交わす際に、注文住宅がどこまで自由に設計できるのか説明してくれます。
不動産会社からすると、提携先や家を建てる方法も業者ごとに異なるでしょう。
つまり、決められた契約の中でしかできないのか、何パターンか選ぶことができるのかは頼んだ
不動産会社によって範囲が変わります。
もちろん、すべてをご自身の希望の通りにしてくれる不動産会社や住宅メーカーも少数ながらあります。

では、さらに注文住宅について詳しく知るために、注文住宅の種類について見ていきましょう。

注文住宅の種類


注文住宅の種類には下記の2つがあります。
  1. フルオーダー
  2. セミオーダー
どちらを選ぶかで、ご自身がどこまで設計について考える必要があるかが決まります。
一つずつ詳しく見ていきましょう。

種類①フルオーダー


最初の注文住宅の種類はフルオーダーです。
フルオーダーは、ご自身がすべて設計して建てる方式のことです。
不動産会社から紹介された住宅メーカーとじっくりご自身の希望を話し合うことで、
詳細な点まで設計して建てていけるでしょう。

例えば、下記のような部分にこだわりがある方が多いです。
  1. 間取り
  2. 建材
  3. インテリア
このような部分について、ご自身が住む空間を一からデザインしていくことになります。
詳細な点を一つひとつ決めていくわけですから、フルオーダーだとかなりの時間がかかる
ことも覚えておかなければなりません。
それでも、住み始めた後も考えに考え抜いて決めた家に住むわけですから、
この住宅を作って良かったと心の底から満足できる住宅になります。
フルオーダーはご自身の家の設計の理想を叶える方法です。
 

種類②セミオーダー


2つ目の注文住宅の種類は、セミオーダーです。
セミオーダーは、一部を住宅メーカーのプランから選んで建てる方式のことです。

住宅メーカーと相談していくうえでこだわらない点は、専門家にお任せしたい場合にこのプランで建てていけます。
例えば、「間取りは自由に決めたいけど、家に使う材質を選ぶのはオススメのものでいい」といった場合は、
セミオーダーだとちょうど良い方式です。家の設計の一部はご自身で詳細を決めて、一部はメーカーのプランを
選んでいく形でデザインしていくことになります。 一部にメーカーのプランが使えるので、その分は時間は短縮されるでしょう。

ただ、どこまでご自身で決められるかはすべての住宅メーカーで定めているわけではありません。
まずは、住宅メーカーと話し合ってどこまで自由に設計できるのかを確認しましょう。
セミオーダーなら詳細な点を気にせずご自身の家の設計ができます。

注文住宅のメリット


注文住宅の種類まで見てきましたが、ここからは注文住宅のメリットとデメリットをお伝えしていきます。
注文住宅のメリットは下記の3つあります。
  1. 世界に一つだけの家
  2. 予算のコントロール
  3. 建築過程を直に確認できる
まず、世界に一つだけの家を作ることができることです。
最大のメリットであり、最大の満足があるポイントになっています。

ご自身の家ははばかることなく自分で作った家だと胸を張って言える家です。
他の人の影響で作った家ではありません。
まっさらな土地から完成までご自身で主導権を持って作った家になるでしょう。

2つ目に、予算をコントロールできます。
つまり自由に家を設計できるので、ご自身や家族の感性でいらないものは無くすことが可能です。
例えば、インテリアにこだわりがないなら、最小限にして必要ないものは無くせます。
その代わり、最大限機能的な設計の家にすることもできるでしょう。逆もまたしかりです。

3つ目に、建築過程を直ちに確認できます。
住宅メーカーとの話し合いでまとめられたものと実際にできた家の状態が異なることがあるでしょう。

その時点でメーカーに変更を相談することができます。
もちろん変更には、費用が発生することもありますが、建築中の
変更がきくのは注文住宅ならではの覚えておきたいメリットになります。

注文住宅のデメリット


注文住宅のデメリットには下記の3つあります。
  1. コストが高額になる
  2. 住めるまでに時間がかかる
  3. 完成するまで詳細が確認できない
まず、注文住宅はコストが高額になることです。
自由に設計できる分コストは高額になっていきます。
詳細な点をメーカーに依頼すると、設計にかかる材料費や工費、
その他諸費用がかかるようになるでしょう。
また、土地から購入して注文住宅を建てるとなるとかなりコストが上がります。
地盤に問題があれば、さらにその土地を改善するための費用もかかるでしょう。

2つ目は、住めるまでに時間がかかることです。
少し触れましたが、土地から探し始めるとまず見つかるまでの時間が必要になります。
納得のいく土地が見つかるまで時間がかかるかも知れません。
土地が見つかれば家を建てていくことになりますが、ゼロから建てるので家が建つまでの
時間がかかります。建築途中で問題があれば変更のための時間もかかるでしょう。
そして、完成してようやく住めるようになるのです。ステップだけ見ても時間がかかることになるでしょう。

3つ目は、完成するまで詳細が確認できないことです。
建売住宅なら完成した状態をしっかり確認して購入できます。
注文住宅のメリットで建築過程が確認できることを挙げましたが、
知識が限られていると判断が困難になることもあるでしょう。
建売住宅やモデルハウスは、すでに完成した住宅の詳細な点まで確認できるので、購入してから
後悔することはほとんどありません。
ゼロから設計して作り上げていくので、詳細な点は完成するまでわからないことはデメリットとなり得ます。
 

注文住宅が向いている人


注文住宅のメリットやデメリットまで見てきましたので、どんな人が注文住宅に向いているのかをお伝えします。
注文住宅が向いている人は、自分の生活空間にこだわりがある人です。
まず、生活空間にこだわる人は、一つひとつ詳細な点まで自分の住む家について考えることができるでしょう。
自分の家にこだわりがない人は、詳細な点を考えず相談されている不動産会社や住宅メーカーに任せきりになって
しまうかも知れません。そうすると、実際に住み始めてから問題がでてきてしまいます。
寒暖の対策や電気関係・設備配置の不具合が起きてしまうかも知れません。
自分の生活空間にこだわるかどうかが、注文住宅購入への向き不向きを左右します。
 

注文住宅を理解して購入を検討する


注文住宅とは、所有地に自由に設計して思うように建てる住宅のことです。
注文住宅には「フルオーダー」と「セミオーダー」の2つの種類があります。
すべてを設計したいのか、一部の設計でいいのかで、2つのうちどちらかを選択することになるでしょう。
メリットは予算や過程を調整しつつ、世界に一つだけの自分の家を建てられることです。
デメリットは完成まで詳細がわからないのに、コストと時間はものすごくかかることです。
自分の生活空間にこだわる人は、詳細な点まで住宅について考え抜くことができ、注文住宅に向いています。

注文住宅をご検討中の方は、ぜひ東京組までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る