予約フォーム 見積はこちら
MENU
注文住宅を建てる際の土地探しの方法は?購入の流れや土地の見極め方

注文住宅で、こだわりの戸建てマイホームを叶えたい。そう願って、家を建てようと準備している方も多いかもしれません。しかしながら、注文住宅は自分で決めなければならないことが多く、時間も手間もかかりがちで、大変そうな印象がありますね。 

 

実家の敷地に家を建てる、土地を譲り受ける予定があるといった方でなければ、土地探しをしなくてはなりません。理想の家は具体的に思い描けていても、どんな土地を買うべきかまでは、イメージしきれていないことが多いのではないでしょうか。 

そこで、今回は注文住宅を建てたいと考えている方に向けて、土地探しのポイントや注意点をご紹介します。理想の土地を見つけたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 

注文住宅の土地探しの方法と流れ 

土地探しの方法から、探す前にしておくべきことまで紹介していきます。 

土地探しを始める前に 

まずは、住みたい街や希望する条件、予算などを整理しておきましょう。 

この3つを決めておくことで、ある程度土地が絞られ、探しやすくなります。 

多少狭くても構わないので駅が近いほうがいいという方もいれば、車を持ちたいので広い土地を希望される方もいるでしょう。 

また、職場や学校まで○分以内など、具体的な部分も検討しておくのがおすすめです。 

ご夫婦やご家族それぞれの希望も考慮して、条件をまとめておきます。 

予算の目安も忘れずに決めておきましょう。 

注文住宅は、土地代と建築費を別々に用意することになりますので、それぞれにどれくらいのお金をかけられそうか見積もっておきます。 

土地に予算をかけすぎて、建物にこだわれなかった……なんてことにならないよう注意しましょう。 

土地に関する知識を深める 

多くの方にとって、マイホームの購入は一生に一度、失敗はなるべくしたくないものですよね。 

とはいえ、土地の知識を十分持った上で探しているという方は、意外と少ないかもしれません。 

用途地域や防火地域、建ぺい率や容積率、斜線制限など、あまり聞き慣れない言葉も多く出てきますので、これらの意味を知っておくと土地探しがスムーズに進みます。 

土地を探す方法 

土地探しは主に3つの方法があります。 

一つは、ハウスメーカーあるいは地元の工務店などに土地探しをお願いする方法です。 

条件を伝えておくことで、希望に沿った土地を提案してくれますので、自分で探す時間がないという方におすすめです。 

住みたい地域が決まっている場合は、地元に強い業者に依頼するのも良いでしょう。 

二つ目は、不動産仲介会社に依頼する方法です。 

比較的新しい情報が入りやすく、エリアを問わず探すことができるので、まだ住みたい地域が決まっていない方にもおすすめです。 

三つ目が、インターネットの不動産情報サイトを見る、あるいは実際に街に繰り出して、自分で土地を探す方法です。 

労力はかかりますが、掘り出し物的に見つかることもありますよ。 

土地の検討から購入までの流れ 

希望の土地が見つかったら、「買付証明書」を売り主に提出します。購入の申込書と解釈するとわかりやすいでしょう。 

次に住宅ローンの事前審査を通し、不動産売買契約を結びます。このタイミングで、土地の手付金を支払います。 

その後、住宅ローンの本審査に申し込み、金融機関とローンの契約を結びます。 

土地の取得時に先行融資を受けられる、あるいは分割融資が可能な住宅ローンであれば、そのお金で支払いを行います。 

ただし、住宅の完成・引き渡しを待って融資が実行されるローンで、土地残額を手元の預金等から用意できない場合は、つなぎ融資を受ける必要があります。 

どのタイミングで住宅ローンの融資が受けられるか、あらかじめ確認しておきましょう。 

支払いの確認が行われると、土地が引き渡され、所有権が移ります。 

注文住宅の土地探しの注意点 

ここでは、実際に土地探しを行う時、どんな点に注意していけば良いのか、注目すべきポイントを紹介します。 

土地選びで重要なポイントをチェック 

まずは、土地の形や面積を確認しましょう。 

四角形の土地ばかりではなく、三角形や旗竿地(道路から奥まったところにある土地)などもあります。 

建築プランの幅が広がるという意味では四角形のいわゆる「整形地」のほうが人気があり、おすすめです。 

一方で、四角形ではない土地でも、工夫次第で快適に住むことができます。 

一般的な四角い土地よりお手頃なことが多いのも魅力です。 

また、建ぺい率や容積率もチェックしておきましょう。 

土地が広くても、建ぺい率が低い場合は、家の面積が小さくなってしまいます。 

また、3階建てを建てたいと考えていても、容積率の問題で2階までしか建てられないという場合もありますので、注意してください。 

可能な限り現地を訪れる 

戸建て住宅は、長く住み続けるつもりで購入することがほとんどでしょう。 

希望の土地が見つかったら、現地を見学するのがおすすめです。 

例えば、日当たりや騒音などの問題は、購入後に自力で改善できません。 

資料では条件が良いように見えても、実際は建物の陰にある土地であったり、前の道路が抜け道になっていて交通量が多かったり、といったようなことも考えられます。 

また、戸建ての場合は地域の輪の中で生活していくことがほとんどですので、近隣の家やごみ集積所の様子なども見ておくと良いでしょう。 

東京の注文住宅の相場について 

今回の記事では注文住宅を建てる際の土地探しの方法について解説しました。

注文住宅をお考えの方は土地探しが非常に重要なポイントになります。

また注文住宅では実際にどのぐらいの相場を考えておけばいいのでしょうか。
特に東京は注文住宅を建てる際の相場が高いというのは皆さんもご存じかもしれません。

下の記事では東京の注文住宅の相場についてについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

東京で注文住宅を建てたい!費用相場と高額になる理由を徹底解説

理想のマイホームは土地探しから 

いかがでしたでしょうか。 

本記事をお読みいただくことで、注文住宅を建てるための土地探しの方法や流れ、注意点についてご理解いただけたと思います。 

こだわりの注文住宅を建てる第一歩は、土地探しからです。 

土地探しから購入までお考えの方は、東京組までお気軽にご相談ください。 

一覧へ戻る