予約フォーム 見積はこちら
MENU
ぴったりなのはどっち?注文住宅と分譲住宅の違いや特徴をチェック
マイホームの購入は、人生で最も大きな買い物の一つであり、それぞれの家庭に合った選択が求められます。
住宅の種類は、一戸建て・マンション、新築・中古、建売住宅・注文住宅など様々です。
中でもその違いを意外と知らないのが、注文住宅と分譲住宅です。

そこで本記事では、注文住宅と分譲住宅の違いや、両者の長所・短所を解説します。
これから住宅の購入・建築を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
 

注文住宅と分譲住宅の違いって何?

ここではまず、注文住宅と分譲住宅の特徴をチェックし、両者の違いを見ていきましょう。


注文住宅の特徴

注文住宅とは、ハウスメーカーや工務店などの施工会社を選び、特定の土地に一から建てる住宅のことです。
家の構造から間取り・内装・外装まで自由にデザイン・設計します。 注文住宅を建てる前には、土地を確保しなければなりません。
土地を所有していない場合は、土地探しから始めます。
費用は土地の価格や、施工会社による建築工事費に左右されるため、ピンからキリまであります。


分譲住宅の特徴

分譲住宅とは、広い敷地を区画ごとに分けて建てられる住宅のことです。
同仕様で建てられた住宅が数棟並び、土地と建物のセット価格で販売されます。
すでに完成した物件が販売される場合と、建築段階で販売される場合があります。

いずれにせよ、不動産会社や施工会社があらかじめ決めた間取り・デザインで作られるのが一般的です。
建売住宅とは、建築された建物と土地を合わせて売る形態の住宅を指し、分譲住宅と同義で使われます。


注文住宅のメリット・デメリット

では、注文住宅のメリット・デメリットを見ていきましょう。


デザイン・設計の自由度が高い

注文住宅の最大の魅力が、家を自由にデザイン・設計できる点です。
土地がない場合は、希望のエリアから好みの形状・立地の土地を選べます。
木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造などの土台構造から、部屋の間取り・広さ、キッチン・バスルームの設備、天井・壁・フローリングなどの内装、玄関・窓・外壁・庭などの外装まで、好みを反映した理想のマイホームが建てられるでしょう。


工事過程を把握できる

注文住宅の建設工事を依頼する施工会社は、見積もりや予算に合わせて選択できます。
信頼する会社に安心して工事を任せられるでしょう。 工事を一から見学できるため、マイホームが経つまでの過程を把握できます。


費用が高くなりやすい

注文住宅には費用の上限がありません。 土地代金は立地や広さにより相場があるものの、建築工事費は工事内容や手間・期間により様々です。
平均的に、土地と建物を合わせて4000万円台後半~5000万円台が目安と言われます。
こだわりを詰め込みすぎると予算オーバーするケースが多いです。


手間・時間がかかる

注文住宅を建てるためには、土地探しから施工会社探し、住宅の建築プラン打ち合わせなど多くの手順を踏みます。
契約手続きも多岐に渡り、入居までには1年近くかかる場合が多いです。


分譲住宅のメリット・デメリット

次に、分譲住宅のメリット・デメリットをチェックしましょう。


トータルコストが明確

分譲住宅の販売価格には土地と建物の代金が含まれています。
追加費用の可能性や価格が変動する心配もなく、資金計画を立てたり予算と照合したりしやすいです。
また、同じ建材を用いながら同仕様の住宅を複数棟建てるため、コストを抑えやすく、注文住宅よりもお得に購入しやすいでしょう。


入居までが簡単・スピーディー

分譲住宅では最初から土地や建物の建築プランが決まっているため、手続きが比較的簡素です。
家探しから最短1ヶ月程度での入居も可能でしょう。 すでに完成されている物件から選ぶため、悩むことも少ないです。


オリジナリティに欠ける

分譲住宅は、不動産会社や施工会社の建築プランに沿って建てられます。
敷地内に似たテイストの住宅が並ぶため、隣の家との距離が比較的近く、外観の区別もつきにくいです。
自宅にオリジナリティを求める方や、譲れないこだわりがある方にとっては、抵抗があるかもしれません。


工事の様子が分かりにくい

多くの分譲住宅は、すでに建物が完成された状態で販売されます。
建築中物件であっても、工事を見学したり意見を述べたりすることは難しいでしょう。
工事の様子が分かりにくいため、品質や実態に不安を感じる方もいるかもしれません。


それぞれのメリット・デメリットを把握し後悔のない選択を

いかがでしたでしょうか。 今回は注文住宅と分譲住宅の違いや両者の特徴を紹介しました。
長所短所を含め、それぞれの家庭にあった住宅を選ぶことが最も大事です。

注文住宅の購入をお考えの方は、ぜひ東京組までお気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る