VOICES

実際の写真
小さな庭と植木棚のある家
実際の写真
小さな庭と植木棚のある家

小さな庭と植木棚のある家

緑豊かな住宅街で目を引く古材を張った玄関ドア。中に入るとインテリアは観葉植物・ペンダントライト・木製家具・お洒落な食器…とまるでカフェのよう。 木材の色味と、室内外に育つ植物がうまく調和した心地良い空間に住むご家族にインタビューさせていただきました。
実際の写真

東京組と出会ったきっかけは何でしょうか

土地を購入した時に仲介業者からの紹介で2つの会社を紹介してもらい、そのうちの1つが東京組でした。これが東京組と出会ったきっかけです。

実際の写真

なぜ東京組に決めたのでしょうか

紹介してもらった東京組さんともう一つの会社どちらにも見積もりを頼んだのですが、東京組さんの方が自分たちの予算に収まった金額でやってくれるということで、結構すんなり決まりました。
あと、もう1つの会社は予算だけでなく、自由に設計できない部分がかなりあって、、、その点東京組さんは、自分たちの思い描く家を予算内で叶えてくれるってところも決めた大きな理由です。
金額面でも自由度も東京組が僕たちにはすごく合っていました。

実際の写真

家づくりでこだわった点はどこでしょうか

中目黒にとても好きなカフェがあって、そこに外観も内観も雰囲気を似させています。
最初、建築家の冨永さんに『ここのカフェが好きでこういう風にしたい!』と伝えたら、冨永さんも偶然そのカフェを知っていて、すぐ話を進めることができました。
あとは2階から3階にかけてある螺旋階段はかなりこだわりました。どうしても螺旋階段にしたくて、頑張ってもらいました。
他には土地が狭い中で、いかに広く見せるか等もこだわりました。

実際の写真

東京組の対応はどうでしたか(設計中・工事期間中)

比較的スムーズに進んでいて、暑い中大工さんも頑張ってくれていました。工事中に何回か見に行って、ここはこう変えた方が良いかも、と冨永さんや現場の人と相談しながら当初の設計から変えてみたり、その場でみんなで相談しながら臨機応変に変えられたのは良かったです。吹き付けが予定と違ったなんてこともあったのですが、柔軟に対応してもらいました。
自分たちには東京組のペースが合っていたと思います。

実際の写真

実際にご入居されていかがですか?

住んで4年くらい経ちますが、子供が産まれて家が完全に子供仕様になりました。家がジャングルジムみたいになっています…(笑)
仕様を変える時もいろいろと相談させてもらいました。子供が落下しないように階段に網をつけたり、妊娠した妻の階段移動が大変にならないよう1階だけでなく3階にもトイレを設置したりと色々変えました。

実際の写真

家で気に入っているところ

2階の出窓の部分ですね。大きい窓をつけてもらったのですが、そこが一番お気に入りです。
家に遊びに来る人達もそこを素敵だねって言ってくれます。
あとは玄関ドアも、最初東京組のショールームで見ていたものはいまいちパッとしなかったので、冨永さんに相談したら、業務用のドアに木を張り付けたらどうかと提案してもらって、全面に木を張り付けたものにしました。

実際の写真

取材後記

土地を購入した縁で東京組に出会い、さらにはその縁で繋がった建築家の冨永さんとは行きつけのカフェが一緒だった!という偶然に偶然が重なったお家。出来上がった頃はご夫婦二人で住まれていた家も今ではご家族が増え、時と共に味わいがどんどん増していました。

実際の写真

【設計コンセプト】(冨永氏より)

三軒茶屋郊外にある14坪の敷地に、庭やバルコニーで植物を育てる楽しさを実現した若いご夫婦の住まいです。モルタルのアプローチ、足場板を貼った玄関扉やダイニングカウンター、木現しの天井やところどころ節のあるフローリング。自然素材で統一感のある内外装には緑が活き活きと映え、インテリアに気持ちよい光が差し込みます。日溜まりのカフェのようなリビングはバルコニーへと続き、足場板で作った植木棚に四季折々の草木が育っています。エントランスの小さな庭にも住まい手のセンスを感じる色とりどりの草花が咲き、道行く人を楽しませています。