VOICES

実際の写真
木造耐火、木の家
実際の写真
木造耐火、木の家

木造耐火、木の家

瀟洒な店舗や住宅が並ぶ中、高速道路のすぐ脇に位置し、準工業地域に属する場所に立つお家は、木造耐火構造の住宅です。約15坪という限られた敷地ながら、400%の容積率を活かして建築されたお家にお邪魔して、奥様にお話を伺いました。
実際の写真

東京組と出会ったきっかけは何でしょうか

もともと、美容師である私自身の仕事場として利用出来る場所に自宅を建てたいという希望ありきで土地を探していました。ヘアメイクアトリエとしてお客様をお迎えするには最適なアクセスの立地だったのです。そんな中で、建築条件付きで出ていたのがこの物件でした。自然な流れで東京組さんにお願いすることになりました。

実際の写真

家づくりでこだわった点はどこでしょうか

開放感のある間取りにこだわりました。区切りがたくさんある間取りよりも、その方がいろいろな用途に使えると思ったからです。あと、ルーフバルコニーがほしい!という夢があったので、それはどうしても、とお願いしました。仕事場であるアトリエについては、もちろん細かい部分にこだわっています。鏡の脇の照明などは、実際に点けてみないと光の感じがわからないので、何度も調整して、今のライトに落ち着きました。

実際の写真

設計中・工事期間中の東京組の対応はいかがでしたか

設計段階では、設計士さん、営業さんからもいろいろな提案をいただけました。ルーフバルコニーは、リビングからの続きで出られた方が断然使いやすくなる、とのことで、当初のプランで2Fに想定されていたリビングは、3Fをおすすめしていただけたのは、正解でした。また、念願のルーフバルコニーは広ければ広いほどいいと思っていたのを、今の3坪ほどの広さに収めたのも、ご提案によるものでしたが、結果的にはこれも良かったと思います。バーベキューにも使えますし、今では植木を置いて庭のようにして使っていますが、十分な広さでした。

実際の写真

実際にご入居されていかがですか

快適です!高速道路の真横という立地なのですが、窓を閉めていれば音がまったく気にならないほどに静かです。リビングの大きな窓も部屋が明るくなって良かったですね。入居後の変化と言えば、建築当時から検討していた夫の店を、自宅のガレージで開店したことです。実際よりも狭く感じないし、まさかガレージとは思えない雰囲気です。あ、自転車置き場だけは最初から考えていれば良かったと、いま悪戦苦闘しています(笑)。

実際の写真

家で気に入っているところはどこでしょうか

やっぱりリビングですね。LDKで16畳ほどですが、上のロフトが時に応じてクローゼットにも寝室にもなったりして本当に便利ですし、天井が高い分、広々と感じます。3Fなので光も十分に入って暖かく、お気に入りの家具に囲まれて、ずっとここにいてもいい心地良さです。うちを見て、東京組さんで建築を決めたお友だちもいるんですよ。

実際の写真

取材後記

決して広いとは言えない敷地に、ルーフバルコニー、リビング、アトリエ、お店…とめいっぱいの夢が詰め込まれたお家を、奥様が「ビルみたいですよね」と笑って語る姿が印象的でした。ご夫妻の仕事場と住居とが一体となったビルのような一軒家に、「生き方」と「住まい方」がつながっている家の幸せを感じました。