VOICES

実際の写真
微妙な床レベルの差が生みだす豊かな空間
実際の写真
微妙な床レベルの差が生みだす豊かな空間

微妙な床レベルの差が生みだす豊かな空間

外観を見た瞬間、中はどういう造りになっているのだろう…と自然と期待に胸が膨らむピンク色の玄関ドア。玄関ドアのみならず、この家には空間ひとつひとつにこだわりがいっぱい。東京組を選んだからには本当に自分がつくりたい家を!自由設計を最大限に活用し、オリジナル性を追い求めた住まいの居心地とは――。
実際の写真

東京組と出会ったきっかけは何でしょうか

購入することになった土地のお隣が工事中で、土地を紹介してくれた不動産屋さんが、「お隣の施工主は東京組さんですね、あそこはかっこいい家作るんですよ」と教えてくれたのがきっかけです。

実際の写真

なぜ東京組に決められたのでしょうか

建築家と家作りをしたいと考えていましたが、なかなかに敷居も設計料も高く、決めあぐねていました。
そんなときに東京組さんでフラットハウスの坂野さんが設計された家の写真を拝見し、この方にこの予算でお願いできるのであれば、ということで東京組さんに決めました。

実際の写真

家づくりでこだわった点はどのような部分でしょうか

せっかく自分で家を建てるからには、マンションや建売り住宅では実現しにくいものにしたいと考えた結果、吹き抜けを採用しました。
ほかにも、設計士さんには要望をてんこ盛りで伝えました。実現できたものもそうでないものもありますが、「これを採用する代わりにそっちはあきらめよう」といったやり取り自体も、とても楽しかったです。

実際の写真

設計中・工事期間中の東京組の対応はいかがでしたか

設計中は、子どもがグズって話が中断ということも多く、設計士さんをはじめ東京組スタッフの方にもずいぶんご迷惑をおかけしましたが、皆様にお気遣いをいただきなんとか乗り切ることができました。
工事期間中はやはり子どもがご迷惑をかけてしまうのであまり現場には顔を出しませんでしたが、たまに伺ったときには親切に対応していただきました。

実際の写真

実際にご入居されていかがですか

住み始めてみると、「ここはこうしとけば良かった!」と思う点がいくつかあるものの、自分たちが設計士さんとさんざん打ち合わせた結果出来上がった家なので、多少の欠点も含めて愛着をもって住んでいます。
といっても当然欠点ばかりというわけではなく(笑)、住み心地は快適そのものです。

実際の写真

家で気に入っているところはどこでしょうか

やはり大きな窓に面した吹き抜けは、とても開放感があり大変気に入っています。
他にもモルタルで仕上げた外壁や天井が高くて開放感のある玄関は、お客様にも褒めてもらえて密かな自慢です。
子どもたちは、ダイニングの黒板塗装の引き戸に絵を描いたり保育園で制作してきたものを貼り付けたりして自分たちの展示スペースとして満足そうにしています。
妻は、ダイニングの中心のアイランドキッチンに陣取って、家の中を完全に支配しています(笑)

実際の写真

取材後記

家づくりをするとたくさんの難問がふりかかる。その壁にぶつかった時の結果が良くても、悪くても、それがその家の味わいへと変わる。
欠点も含めて愛着がわくと語るお施主様に、家づくりの答えを教えてもらいました。

実際の写真

【設計コンセプト】(坂野氏より)

神奈川の閑静な場所に計画された3階建ての住宅です。
1階に主寝室と水回り、2階にLDK、3階に子ども部屋という典型的な構成ですが、その中で、あえて、2階の床に40センチという微妙なレベル差をつけることにより、この家に様々な魅力が生まれました。例えば、1階では玄関の天井が高く開放的になりました。また、2階ではリビングの床レベルが上がることで、南側の大きな窓からはプライバシーを保ちつつ、採光を十分に得られるようになり、さらに、リビングとダイニングの床のレベル差を利用してダイニングテーブルに向かって床に座るという楽しみも加わりました。これらの微妙な床レベルの差が生みだす豊かな空間が、家の中に散りばめられたアクセント色、センスの良い家具や小物たちと呼応しあい、住むことを心から楽しめる家となりました。