VOICES

実際の写真
Casa di tela
実際の写真
Casa di tela

Casa di tela

設計事務所 坂井哲也建築設計事務所
お客様が考える家の雰囲気や置きたい家具、ご家族の会話やファッション等を思いながら検討を重ねるうちに、白いキャンバスのような家になるといいなと考え、設計しました。光あふれる天井の高いリビングや無駄を少なくした各部屋は、生活が始まることでより彩りのある空間になるようイメージしました。
ソファやラウンジチェアと馴染むように濃いめに染色を施したアカシアのフローリングや、大きなガラス面でも主張しすぎない柔らかな印象の白い木製サッシ、生活上必要な横長バルコニーを絡めたシンプルな外観、など、様々な意見を交換しながら完成した家です。引っ越し後の訪問時に、打ち合わせの時から配置を検討していた家具や、絵たちがあそこにもここにも!とても素敵に住まわれていて感動しました。

東京組を知ったきっけかは?

実は、もともと注文住宅で建てようと思っていた訳ではなくて、自分たちの理想のプランを不動産屋さんに相談すると注文住宅を勧められ、紹介されました。
それまでは東京組の事は知らなかったです(笑)でも、会社で家を建てた人に話を聞いてみると東京組で建てた、という人が何人かいたので、何となく安心感がありましたね。

実際の写真
実際の写真

東京組に決めた理由は?

紹介された時点でそれほど迷ってはいなかったのですが、でも参考に、と住宅展示場へ行って2社ほどプランをもらいました。
しかし、コストパフォーマンスで考えると圧倒的に東京組でしたね。他2社は土地に対して基本の見積が高かったです。そこへ自分たちの要望を加味すると、東京組以外にはないかな、と思いました。
ショールームの雰囲気も良かったので初めて行った時には、気持ちの中でほぼ決まっていました。

東京組の提案はどうでしたか?

設計の坂井さんに出してもらったプランが最初から良かったので、お任せできるなと思いました。
3階リビングの提案を頂いた時も、当たり前にリビングは2階だと思っていましたが、良く考えたら3階の方が陽当たりが良いし、近隣の家の人と目線が合わないし、最上階だから天井を高くできるしと、良い事づくめだなと思って。友人や親戚を招いた時も、リビングに開放感があるのでみんな褒めてくれますね。
特に、色んなお宅を見ているカーテン屋さんが採寸で来た時に大絶賛されたのは嬉しかったです。
2階に浴室と洗濯機や物干し用のベランダをまとめたのも動線がいいですし、洗濯物が3階のリビングから見えないので室内からの景観も良いですね。

実際の写真
実際の写真

家づくりでこだわった点

土地に対してできる限り家の空間を広くしたかったのと、外観は建売物件でよく見るようなお決まりの形にはしたくないなと思っていました。綺麗な四角で立ち姿が美しくに見えるようにしたい、というのは最初に坂井さんにお伝えしました。坂井さんもすぐにイメージを共有してくれましたね。
あとは、私たちが愛用している大きめのソファやチェアを配置したい、というのも一番最初の打ち合わせの時にお伝えして、家具に合わせて間取りを考えてもらいました。これは、私たちにとっては最優先事項でしたね(笑)
その他は空間を少しでも有効に使えるように、部屋同士を続き間のように繋いでなるべく廊下をなくしたり、など相談しながら進めました。

設計中・工事期間中の東京組の対応はいかがでしたか?

設計中も着工してからもスムーズに進みました。竣工は予定より早かったですね。現場が近所という事もあって、よく見に行きましたが、あれ?と疑問に思う事があっても現場監督に連絡するとすぐに確認してくれたので安心して任せられました。
家づくりはどうしても妥協したくない、失敗したくない、と疲れてしまったり、夫婦で意見が分かれて、など聞いていたのですが、私たちの場合は設計段階からとにかく順調で、打ち合わせも毎回楽しかったですし、着工してからもスムーズだったので、家づくりって楽しいなって思いました。またいつか機会があれば家づくりしたいです(笑)

実際の写真
実際の写真

実際にご入居されていかがでしょうか?

今年の夏はとにかく猛暑でしたけどパネルシェードで快適でしたよ。一日中つけたままではなく、タイマー機能で帰宅の一時間前に運転するようにセットしてました。
実は本当にパネルシェードだけで事足りるのか心配で(笑)、後からエアコンを設置できるように開口を設けていたのですが、今年の夏で快適に過ごせたのなら、いらないのでは、と思います。冬も楽しみですね。
娘はロフトが気に入っていて自分の部屋よりもここ居る事の方が多いです。夕食後もここで宿題をしています。家族の存在を感じながらも程よく空間が区切られているから、居心地が良いのでしょうね。お友達もここにお泊まりしたい、と言っているみたいです。

編集後記

O様ご夫婦へ東京組との家づくりはどうでしたか?の質問に、楽しかった!と、うれしい一言。
取材を行うと、苦労した話は少なからずとも出てくるものですが・・。
ご主人様も仰っていましたが、家づくりに気合が入りすぎて精神的に疲れてしまう事ってあると思います。大きな買い物な上に、何度も経験する事ではないので気合が入るのは当然の事だと思います。
最近ではSNSで家づくりの過程を載せて、フォロワーにアドバイスをもらいながら進めていくスタイルも多く、なるほど〜と思っていましたが、O様はほとんど情報収集はしなかったとの事です。
O様ご夫婦は、あらゆる選択肢を調べて、迷いながら選んで、という作業を私たちに任せてくれたので、楽しむ事に専念できたのだと思います。O様ご夫婦の、私たちの提案を受け入れてくれる懐の広さも今回の取材で感じました。
家づくりにおいて大切なのは、他人のアドバイスよりも(それももちろん大事ですが、、)そこで暮らしていくご本人さまたちが、家に対して望むものをしっかりと把握する事なんだと、今回の取材で学びました。

実際の写真