VOICES

実際の写真
こだわりのプライベートガーデン
実際の写真
こだわりのプライベートガーデン

こだわりのプライベートガーデン

設計事務所 坂井哲也建築設計事務所
初期段階で計画地に訪れた際、プライバシーを確保しながら、いかに光と風を取り入れ心地よい空間にするかが大切なテーマとなると感じ、外側はクローズ気味に、南側に大胆にとった半中庭にオープンな間取りとしました。1階リビングから広がっていく庭がとても気持ち良いです!夏は涼しく冬は暖かく過ごしていただく為に、遮熱断熱効果の高い塗材「ダヴィンチコート」と木製サッシ「イタリカ.68」を使用しています。道路側外壁・変形五角形のファサードを形作る素焼きレンガ、落ち着きのあるアンティーク調のフローリング、インテリアに馴染む照明など、お施主様と色々な意見交換をし(時には引っ張ってもらいながら)一つ一つの選択を丁寧に積み重ねて、私も住みたくなるような、素敵な家になりました。
(設計士・坂井)

東京組に決めた理由は?

最初は大手ハウスメーカーや建築事務所で検討していたのですが、ハウスメーカーはネームバリューから安心感はあるものの、決められた範囲の中で仕様を選んでいくので、なかなか理想の形に出来ない窮屈さを感じました。
建築事務所では、間取りが複雑で工期が長くなってしまう不安が。プランも建築事務所が主導で進めていく感じがあったので、なかなか要望が言いにくい雰囲気でした。
東京組の事はインターネットで知り、ショールームでたくさんの建材を実際に見て、自由に選べると聞き「東京組しかない!」と思いましたね。木製サッシ「イタリカ.68」もこの時に初めて知って、断熱性能の良さから採用する事にしました。
自由に仕様を決められる、というのが一番の決め手でした。

実際の写真
実際の写真

家作りでこだわった点

間取りが一番こだわった部分ですね。細長い地形なので、可能な限り庭の広さを確保できるように家の配置を工夫しました。
また、祖母の家をヒントに、土間を長くして玄関からリビング・和室・庭への出入りが出来る形にしました。玄関からの動線が二つあるので、小さい子供がいますし、ベビーカーを入れたり、荷物が多いときなど便利です。和室の建具に襖や障子ではなくMODENAを採用する事で、リビングとの雰囲気が統一されて、和室を開放していても違和感がないのもいいですよね。
2階には子供部屋がありますが、将来子供が増えたら分割して二部屋にできるように設計してもらっています。

実際の写真

設計中・工事期間中の東京組の対応はどうでしたか?

設計士さんが色々提案もしてくれましたし、度重なる変更にも丁寧に対応してくださったのが、本当にありがたかったです。
建設中は何度か現場へ行きました。基礎の段階の時に疑問を感じる点があり、第三者検査機関を入れましたが、検査機関からも問題ないとの返答で、それ以降は安心して任せられました。現場監督さんのレスポンスが早かったのも安心できるポイントでしたよ。

実際の写真
実際の写真

実際にご入居されていかがですか?

設計の段階でかなりプランを練ったので後悔している部分はまったくありません。とても快適です。
断熱性能の良さで採用した木製サッシですが遮音性も良くて、近くに小学校があるのにとても静かなのは入居してから気づきました。

家で気に入っているところは?

やはり手製の庭ですね。(木製ルーバーの塀なども全部、ご主人様が一人で作られたそうです!)出勤前や帰宅後、休日に地道に作業して完成した自慢の庭です。友人を招いてバーベキューもしました。庭が見えるリビングのソファに座っているとリラックスできます。
他にも玄関の土間や、玄関を上がってすぐにあるオープンの洗面化粧台、キッチンの工夫された収納など気に入っている所はたくさんあります。

実際の写真
実際の写真

編集後記

お客様のお宅に到着すると素焼きレンガのどっしりとした外観がとても印象的でした。
しかし中に入ると白を基調とした内装で、眩しいぐらいのお庭のグリーンが!とてもインパクトがあってワクワクしました。しかも、お庭はD・I・Y経験のないご主人様のお手製というから驚き!とても初めてとは思えない完成度でした。

お客様より、大手ハウスメーカーにほぼ決めかけていた時に弊社の担当営業から「ご主人様のイメージする家は東京組にしか実現出来ません!!」と、連絡がきて(ご主人様曰く、怒られている感じがしたとの事・・・。)その自信から逆に信頼感が持てた、と笑いながら仰っていました。
お打ち合わせの際たくさんの雑誌のスクラップを持参されたりと、家作りへの強いこだわりをお持ちのお客様だからこそ、大手ハウスメーカーではなく東京組で納得いただける家づくりを実現出来たのでは、と嬉しく思いました。