構造・工法

自由設計とは、プランだけでなく構造・工法も自由であるべきです。
東京組なら木造はもちろん、鉄筋コンクリート(RC)造、重量鉄骨造、また、それらを組合せた混構造も全て責任施工。構造の特色を知り尽くしたスタッフがプランやご予算に合わせ最善のご提案をさせて頂きます。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法とは、柱と梁で構成される架構の建築様式です。日本では古くから用いられ進化し現在に至ります。柱や梁と言ったその名の通り「軸組」で構成されているため、面で構成される2x4に比べ自由度が高いのも特徴です。接合金物なども進化を遂げ、耐震面などでも2x4工法に比べ遜色のないものになっています。

2x4工法(ツーバイフォー工法)

北米生まれの「2×4工法」は、日本の一般的な「軸組工法」とは異なる考え方の建築工法です。軸組工法が、柱や梁といった軸組(線材) で支えるのに対し、2×4工法は、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で建物を支えます。ゆえに、壁・床・天井の6面が一体となった箱形の「モノコック構造」となり、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性が得られます。

門型ラーメン工法(門型フレーム工法)

木造住宅でも大スパンを実現可能にするのが門型フレーム工法です。2x4や在来工法と組み合わせて使用することにより、細かな耐力壁を省き大開口にすることが出来ます。必要な箇所に必要な数量だけ使用することでコストを抑えながらRC造などに劣らない開放感のあるスペースを実現可能です。

RC(鉄筋コンクリート造)

鉄筋コンクリート造の大きなメリットは、耐久性に優れた堅牢性とデザインの自由度の高さにあります。コンクリートを流し込む型枠の組み方次第では、曲面の壁や大きく跳ね出したバルコニーなど様々な可能性が広がります。地震、火災、水害などあらゆる災害にも強く、木造に比べ静粛性においても優れていると言えます。

重量鉄骨造

RC同様、頑丈かつ耐久性の高い構造で、大スパンなどに非常に有利です。高層ビル建設などに使用されることからも分かる通り、構造としての安全性は比較的高いと言えます。住宅では主に、一階を店舗、倉庫、駐車場とする際、または鉄骨ならではの意匠的特色を表現したいなどのケースで用いられる事が多い構造です。

その他の工法

その他の工法

東京組が考える「良い家」は欲張りです。安全でエコでもデザインが悪くてはダメだし、デザインが良くても安心して暮らせなければそれは「良い家」ではありません。デザイン、品質、安心、コスト、何一つ犠牲にすることなくバランスが取れた素敵な住まい。それが、東京組のご提案する「良い家」の条件です。

ベタ基礎(スラブオングラウンド工法)

ベタ基礎とは、建物の直下全面を板状の鉄筋コンクリートにした基礎のことです。従来の基礎梁と底盤(スラブ)が一体化しており、その全体で建物荷重を支えるため、耐震性・安定性に優れています。また底面が縦横に鉄筋の入ったコンクリートスラブのため、たわみが少なく「不同沈下」に対して優れた抵抗性を備えており、地盤が軟弱な場合にも採用されます。さらに床一面に厚い鉄筋コンクリートが敷かれていることで、床下が完全に土から遮断され、地面からの湿気を防ぎます。床下から直接シロアリが侵入することもなく、従来の布基礎よりも、ダメージ・リスクともに大幅に軽減されるといえます。東京組では、最も湿気を嫌う床下空間を無くした「逆ベタ」とも呼ばれる「スラブオングラウンド工法」を採用しています。1階は従来の床組みと違ってネダフォームの断熱床組とするため、確実な断熱となり、床面からすきま風などは上がってきませんし、床鳴りの心配もありません。2×4工法の本家である北米では、その優れた特徴から多く用いられている工法です。

外壁通気工法

近年、木造住宅においても、耐震・防火・断熱性能が著しく向上しました。その結果、住宅の「気密化」が進み、 これによる壁体内部の結露=「内部結露」の発生が、大きな問題となっています。内部結露が発生すると、柱(ス タッド)や土台等の構造体が腐朽し、耐久性能の劣化が懸念されます。さらに断熱材の濡れが、断熱性能の低下を もたらすことになります。多くの弊害をもたらす壁体内の湿気を除去することを目的として、東京組は、外装材の 内側と断熱材との間に通気層を設ける「通気工法」を標準工法としています。

「通気工法」とは、断熱材の外側に「通気層」を設け、空気が温度差や気圧差で流れる性質を利用して、土台部分の換気口から空気を取り入れ、軒裏や棟の換気口から空気を排出します。壁内にこもりやすい余分な湿気を、常に外部へと放出し、木材を乾燥状態に保つ効果があります。
これにより、1)壁体内に滲入した湿気を外に排出することで乾燥を保ち、壁内部に結露が発生するのを防ぎ、構造体を長持ちさせ、断熱性能の低下を防ぎます。2)万一の漏水時の排水のためにも役立っており、耐久性を高めます。3)通気層による遮熱効果により、外気温の影響を少なくし、省エネになります。