PICK UP

環境に配慮したクリーンエネルギー。
ソーラー発電事業

二酸化炭素削減の実現には、太陽光や風力、水力など枯渇の心配のないクリーンな再生可能エネルギーの有効活用が不可欠と考えられます。蒼星の森の敷地内で稼動するソーラー発電所は、2013年6月に着工、同年9月に発電を開始しました。おそらく現在日本で一番雪深い山地のソーラー発電所でしょう。ソーラー発電には不向きともいえる八甲田山麓。この悪条件下での発電が可能であることを証明した東京組の実績は、十和田市周辺のソーラー発電事業推進において、大きな足がかりになると考えています。環境を守りながら未来を築いていくため、さらなるソーラー発電事業の拡大を進めていきます。