AFTER MAINTENANCE

東京組の
アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

東京組の
アフターメンテナンス

家の完成は、住まいのはじまり。
東京組は、家を長生きさせるための
アフターメンテナンスサービスも充実しています。

住宅を長持ちさせるには、維持管理が重要。住宅をきちんと維持管理することは、 資産価値を上げることにも繋がります。家と生きる。家を生かす。
住まいは建てて終わりではないから、住宅に関するできる限りのことをお手伝いしたい。 東京組はそう考えます。

定期点検サービス
ご入居後、2年間で2回の定期点検を行います。結果、修繕等の必要がある場合、建築請負契約の保証内容に基づき無償、または有償にて修繕を行います。住まいを長く維持するためには、正しいメンテナンスと不具合箇所の早期発見、定期点検による専門的チェックと適切な補修が必要です。
保証制度(短期保証・長期保証)
新築住宅を供給する事業者には、住宅の引渡しから10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。
瑕疵(かし)とは、「欠陥」を意味しており、この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。
これらの部分について、お引き渡しより10年間、その他の部位も保証期間を設定し、期間内に保証内容に反する現象が生じた場合には、補修を行うことを保証しています。
住宅履歴情報管理
住宅を長持ちさせるための効果的な維持管理には、住宅がどのように設計・施工されたのかという「住宅履歴情報」が重要です。東京組ではこれらの情報を電子データ化し、ご入居者の皆様がいつでもWeb上で閲覧できるサービスを導入しています。 東京組では、株式会社ハウスジーメンによる住宅履歴情報蓄積サービスを利用しています。
臨時点検や日頃のお手入れ
地震や台風の後など、お家に何かございましたら、ご依頼により点検いたします。
建物の所有者が変更になった場合も、旧所有者様から、新たな所有者様を申請いただければ、維持保全計画を継続します(有償)。そのほか、お手入れのアドバイスもさせていただきます。
公的保証制度(住宅瑕疵担保履行法)
上記の通り、東京組では独自の保証をいたしますが、万が一、弊社が事業を行えなくなった場合でもお客様が適切な保証を受けられるように、法律に基づき、住宅瑕疵担保責任保険に加入をします。(建築中に定められた検査を行います)
住宅瑕疵担保責任の範囲
住宅瑕疵担保履行法では、構造体力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。
アフターメンテナンスは24時間365日対応しています。
ご入居者様専用窓口
TEL 03-5491-4119